釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマりました。B型特有のスイッチが入ると止まらない感じで「釣り」楽しんでます!釣りの話題は万人受けせず特定の人としか語れないので、考えていることや言いたいことをとにかくブログに書き込んじゃいます。あしからず(゚∀゚)

車用ロッドフォルダーを作る パート④:完成編[車 釣り ロッドフォルダー自作]

思った以上にサクサクと

作業は進み完成し車にも設置したので

実際に、ロッドを搭載してみました。

 

う~ん、なかなかいい感じに

仕上がってます(゚∀゚)

釣りが上手い人みたい(笑)

f:id:TypeB:20170923155509j:plain

 

軽くドライブし、段差やカーブなどで

どうなるか確認しました。

 

結果は

・スピニングは左右に揺れる。

 走行中スピニングは左右に揺れ、たまに

 「カチッ」と接触する音が。。。

 こちらは、スピニングを並べて搭載しないか

 リールカバーをつければ問題なしですね。

 

・意外と穂先が揺れる。

 これは慣れかもしれませんが

 長い竿(7ft以上)のものは、運転席まで

 穂先が来ちゃいます。

 前向いてても視界に穂先が入るので

 ブルブル揺れていると気になります。

 長いロッドは1人の時は、なるべく助手席側すれば

 マシですが2人の時は、真中にしないと駄目なので

 慣れるしかないですね。

 

あとは問題なさそうです。

しっかりとロッドをホールド出来ており

仕上がり具合に満足です(゚∀゚)

走行後特にズレどもない感じでした。

 

<エンドグリップ側ホルダー>

f:id:TypeB:20170923155904j:plain

3列目用はヘアバンドで止めているだけなので

もしかすると、車の揺れでとれてしまうかも

しれませんね。

ヘアバンドとパイプ部分は、瞬間接着剤で

一応接着はしているのですが。

 

<ベリー側ホルダー>

f:id:TypeB:20170923155920j:plain

2列目用は、いい具合にスポンジに食い込んで

止まってます。

少しスポンジが柔らかすぎるかもしれませんが

ロッドにより太さが異なるので、現状はこのスポンジで

問題なしです。

 

今回、DIYパーツを使って

低コスト、短時間で満足度の高い

ロッドフォルダーが完成しました。

 

実釣に行く時これから活用しますが

中距離運転してると何か欠点が見つかる

かもしれませんね~

 

早くこれにロッドを搭載して

釣りに行きたいですねぇ~(゚∀゚)

 

--関連記事-----

車用ロッドフォルダーを作る パート③:加工後編[車 釣り ロッドフォルダー自作]

<前回の記事>

 

前回の記事に引き続き

ロッド置きパーツを加工していきます。

④2列目用ロッド置き

2列目用には、ベリー部分もしくは

ロッドの長さによってはティップが

乗っかるのでスポンジを利用して

固定できるようにします。

 

使うスポンジは、食器洗い用の

スポンジです(゚∀゚)

f:id:TypeB:20170923113633j:plain

中身だけを取り出して型を取って

カットします。

f:id:TypeB:20170923113724j:plain

カット出来たら微妙に調整しながら

ロッド置きにフィットするように取り付けます。

f:id:TypeB:20170923113857j:plain

スポンジとジョイント根元部分にはしっかりと

瞬間接着剤を流し込んでガチガチに固定しますが

先端部分は接着せずロッドを差し込めるように

稼働できるようにしておきました。

こちらも合計7個作成します。

f:id:TypeB:20170923114055j:plain

 

⑤パイプへの配置

加工したロッド置きパーツをパイプへ配置

していきます。

今回7本ロッドを搭載できるようにしているので

どちらのパイプにも7個のパーツを配置します。

 

こんな感じで配置し、こちらも瞬間接着剤で

固定します。

f:id:TypeB:20170923114412j:plain

 

2列目用、3列目用に配置完了です。

f:id:TypeB:20170923114720j:plain

 

⑥車に仮設置

ガンマン出来ず、ひとまず

車に仮設置してみました(゚∀゚)

ヘッドレストはとった方がいいですね。

f:id:TypeB:20170923114915j:plain

日中にロッドを設置してみて

改良点がないか確かめていきたいと思います(゚∀゚)

 

手すり部分とのジョイントは外れるように

接着していないので、釣りを行かないときは

ロッドフォルダを外しておきます。

これで、家族からもクレームは出ないように

対策済みです(笑)

 

CAR MATEさんのものとは

ほど遠く手作り感は否めませんが

ロッドをぶら下げ型で搭載できるので

自己満足です(゚∀゚)

 

---関連記事------ 

 

車用ロッドフォルダーを作る パート②:加工前編[車 釣り ロッドフォルダー自作]

<前回の記事>

 

ホームセンターで購入した

材料で車用ロッドフォルダーを

作っていきたいと思います。

 

 

まず、各パーツを加工していきます。

①パイプを切断する

自分の車は、3列シートなので

2列目、3列目にある手すりに

ロッドフォルダを設置します。

メジャーで長さを図ると

 2列目:104cm

 3列目:103cm

でした。ジョイントをつけると

若干長いかもしれませんが

ひとまず切ってみます。

f:id:TypeB:20170923110611j:plain

糸ノコでひたすら切ります('◇')ゞ

ギコギコギコギコ・・・

固い・・・

f:id:TypeB:20170923110738j:plain

やっと切れた・・・('Д')

やはりこの作業は地味にしんどい・・・

f:id:TypeB:20170923110838j:plain

パイプカッター買えばよかった。。。

高いのもありますがダイソーにも¥400で売っているようですね。

 

切断したパイプにジョイントをつけ

車に設置してみたところ・・・

残念・・・少し長かった('Д')

 

ということで、微調整をしながら

結果2回ほど切り直ししました。

もう1本は1発でOKでした。

f:id:TypeB:20170923111607j:plain

これでパイプの長さはOKです(゚∀゚)

力仕事はこれで終わり!

 

②ロッド置きに一工夫

パイプは通してませんが設置するときの

イメージはこんな感じになる。

f:id:TypeB:20170923111818j:plain

 

3列目のロッド置きには、

ロッドのグリップエンドが乗っかり

2列目のロッド置きには

ベリー部分が乗っかるイメージになるので

3列目には、滑り止め+ゴム

2列目には、スポンジを取り付けて

ロッドを固定できるようにします。

 

③3列目用ロッド置き

滑り止めには、こちらを切って使います。

f:id:TypeB:20170923112316j:plain

まず、接地面の型を取る。

f:id:TypeB:20170923112615j:plain

型紙にあわせて滑り止めマットを切る。

f:id:TypeB:20170923112755j:plain

接地面に、滑り止めマットを貼り付ける。

貼り付けには、100均で買った

瞬間接着剤を使用しました。

f:id:TypeB:20170923112838j:plain

このジョイントを計7個作成しました。

 

次に2列目のロッド置きパーツの

加工ですね(゚∀゚)パート③で記事にします。