釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマりました。B型特有のスイッチが入ると止まらない感じで「釣り」楽しんでます!釣りの話題は万人受けせず特定の人としか語れないので、考えていることや言いたいことをとにかくブログに書き込んじゃいます。あしからず(゚∀゚)

久々の泉南エギング・アジング・ショアジギ [2017/05/20 淡輪漁港]

久々に、息子と釣りに出かけました。

前日、息子にどこに行きたいか聞くと

「おばちゃんが自転車で1,000円集めに来るとこ」

というので、久々に淡輪漁港に来ました。

淡輪漁港は、あまり込み合わないので

のんびり釣りが出来るので私も好きです。

魚影はそれほど濃くないのですが( ゚Д゚)

 

釣行記録

2017年05月20日(土)長潮

AM5:30 現地淡輪漁港到着

さっそく、おばちゃんが1,000円徴収に

来られました。

話をするとポツポツとイカが釣れだしたとのこと。

やる気が出てきます(゚∀゚)

 

 

タックル

息子タックル

 ロッド&リールセット売りのやつ(130cm)

 仕掛け:サビキ

 

エギングタックル

兼 ライトショアジキ

 ロッド:メジャクラ ファストキャストFCS-862E

 リール:シマノ ナスキーC3000HG(PE0.8号)

 

アジングタックル

 ロッド:月下美人AJING74L-S

 リール:月下美人MX2004DH

 

 到着後朝マズメということで

息子につらせるべくサビキセットし

投入!!

 

・・・あまり、魚が寄ってこない。

サビキを息子に託し

自分のタックルを準備していると

「釣れた!」と息子の満面の笑み(゚∀゚)

おぉ~メバルゲットです!

f:id:TypeB:20170521221141j:plain

その後、1時間ほどで

 メバル:2匹

 ハゼ:1匹

 フグ:1匹

 

ここで、朝マズメ終了になったようで

その後、魚(エサ取り)は寄ってくるが

アジ、イワシの姿はなくのんびりと

時間ながれます。

 

私も、エギを投げてしゃくりますが

アタリなし。

アジングでジグ単投げますが

アタリなし。

 

エギングタックルに、軽いスロー系ジグを

付けて念入りに底を探っていると~

釣れました!(゚∀゚)カサゴちゃん!

f:id:TypeB:20170521221142j:plain

 

その後も、の~~んびりした

ぜいたくな時間が流れます。

f:id:TypeB:20170521221144j:plain

 

息子も、エサをつけ仕掛けを投入したままテトラで

遊び始めました(笑)

 

と、その時・・・

息子のウキがグイ~~~~っと

根に持って行かれてます!!

慌てて息子を呼び竿を持たせます!

短いロッドが、根元から曲がってます!!

リールを巻くのですが、ドラグが

ゆるく巻けないので、ガチガチに閉めて

再度巻くと、安物過ぎてギアが

空回り( ;∀;)

依然、根に潜ったそいつは姿が見えず

強引に引き釣り出そうとしたときに

ラインブレイク・・・

残念!!ですが、息子と二人で

ちょーーー興奮しましたね(゚∀゚)

あれは何だったのかという話で

盛り上がりました。

 

その後、あたりもまったくなくなり

納竿となりました。

 

天気も良く、ボウズでもなく

なによりも、息子との2人きりの

貴重な時間を過ごせて大満足でした。

次は、息子を舟釣りデビューさせようと

計画中です(´艸`*)

f:id:TypeB:20170521221151j:plain

 

しかし、今年はイカがあまり

釣れてないような気がしますね。

某釣りサイトでも、あまり記事が

上がってきてませんし。

今年は、春イカ不調なんですかね。

っというか、1年以上イカ釣りあげてない・・・

 

---★過去記事-----------------------------------------------

ツインパを使ってみた感想[シマノ ツインパワーSW 8000HG インプレ]

まだ、未熟者ですが先般の釣行で

ツインパ使った感想をまとめました。

f:id:TypeB:20170513222810j:plain

前提

私がオフショアで使っているリールは

以下3機種あります。(購入順)

  1. tailwalk KUROSHIO 43PG
  2. DAIWA CATALINA BJ 200SH-L
  3. SHIMANO TWIN POWER SW 8000HG

スピニングリールは

1.テイルウォーク(tailwalk) リール クロシオ 43PG 19051

f:id:TypeB:20160625153902j:plain

3.シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000HG

f:id:TypeB:20170513222803j:plain

となるため、この2機種での比較感想と

なりますので、ご了承ください。

 

TWIN POWER SW 8000HG購入にあたり

購入前に釣具屋店長から話を聞き

参考にした情報です。

 ・ステラとツインパはほぼ同じだが

  ツインパの方は材質が若干劣る。

 ・空巻きしても、リールの良さはあまりわからない。

  実際魚がかかった時に差がわかる。

 ・ダイワよりもシマノのほうがギアが強い(?)

  製造方法が違うことによる差だそうです。

 ・ジギング/キャスティングしていると結局は

  ソルティガ、ステラのどちらかに辿り着く

 

スペック比較や金額など調べましたが

結局は上記のような話を聞き

ツインパ購入となりました。

 

実釣で使った感想

日本海でのオフショアキャスティングで

ツインパをデビューさせました。

トップも初めてでしたが、青物をキャッチしました。

 

青物がヒットしリールを巻くのが

非常に楽でした。

(釣具屋店長が言っていたことは

 本当でした。('◇')ゞ)

 

引っかかりがないような感じで

巻きたいときにゴリゴリ巻けちゃいます。

ギアが強いのか、ねじ込み式ハンドルだから

引っかかりが少なく巻けるのかわかりませんが

スムーズな巻き心地です。

 

また、ドラグセッティングが細かくできるため

船長に教わりセティングした結果

メジロの場合、少々ドラグが出ましたが

糸の出方も焦るような出方もせず

魚の力をうまく逃がしてくれています。

 

KUROSHIOで昨年末ブリをキャッチしたので

決して悪いリールではないと思ってますが

スペック比較では感じることのできない

明らかな差があります。

 

これは、使ってみないと感じれないこと

かもしれませんが・・・

(私の表現力では言えないだけかも('Д'))

 

最後に・・・

今、デカい魚を狙うない

オフショア用スピニングリールを

購入されようとしているのであれば

初期投資はかかりますが、上位機種を

購入されることをお勧めします。

 

釣りの幅も広がると思います。

でもまぁ~マジで高いんですけどね・・・( ;∀;)

 

 

 

2017/05/05 後半:日本海ジギング&オフショアキャスティング in 若狭・白石礁・浦島礁

日本海デビュー戦後半です。

前半戦は何とかタラを釣り上げ

気持ち的にも楽になった状態で

いざ、青物狙いに!!

 

白井礁に戻ってくると

ルーア船がまだ、結構のっこってます。

海鳥たちもまだ残ってます。

 

船長から、これはひょっとすると

青物行ける状況かもという一言で

ガゼンやる気満タンです(笑)

 

夕マズメでもあるので

ここは、トップで狙います。

ツインパ再登場です!

f:id:TypeB:20170506100125j:plain

 

船長が船を回して、鳥山を探します。

鳥山発見!!

船で突入します。

 

キャスト!!!!!

着底後、見様見真似のロッドアクション!!

 

チェイスや!!」とオフショア先生

オフショア先生のプラグに青物が

追っかけてきてます。が、のらず・・・

 

再度、みんなでキャスト!!!

「のった!!」とオフショア先生!!

オフショア先生メジロゲットです。

 

その後、私のプラグにもヒット!!!!

ツインパ凄いいっす。ゴリゴリ巻けます。

日本海デビュー戦の初青物はハマチでした。

トップで獲れたのは嬉しい~(゚∀゚)

 

次に、鳥山もナブラもないベタ凪状態の場所で

船長が「ここで、青物を引き出してみ」と

誘い出しの練習させてくれました。

 

誘い出しなんて私のできるか

自信はありませんでしたが、キャストあるのみ!

キャスト!!

キャスト!!

すると、

私のプラグに青物がバイトしてきました!!!

誘い出し成功です!!!

アドレナリン全開!!!

青物の重みがのったところで

フッキング!!!!

さらに、追い合せ!!!

よっしゃーーーこれは獲ったと

思った瞬間に、フックアウト・・・

 

残念でしたが、ナブラも鳥山もない、

ベタ凪の水面から青物がプラグにバイトする瞬間

たまりませんねぇ~

これが、キャスティングトップゲームの

醍醐味かもしれませんね。

 

さらに、めげずにキャスト!!!

数投していると、またまたバイト!!!

よっしゃきた~~~!!

アドレナリン ドバドバ出てます(笑)

しかし・・・フックアウト・・・

悔しいけど、楽しいーーー

 

次は獲ったると意気込み

キャスト!キャスト!キャスト!

 

ドッカン!!

キターーーーー!!!

 

ツインパのドラグが鳴ります!

トップで食わせて、ドラグがなる快感がたまらん。

追い合せ3発!!!

3度目の正直!!!

ロッドを立てて、ごり巻き!!

ドラグがチリチリと鳴ります

船長が持つタモにネットイン!!!

よっしゃーーー獲りました!

ブリには届きませんがメジロ釣り上げました(゚∀゚)

 

青物2本ゲット出来ました( ;∀;)

 写真では左が大きく見えますがハマチです。

右がメジロです。(遠近法って凄いっす(笑))

f:id:TypeB:20170506154046p:plain

 

ジギングも楽しいですが

トップも楽しいですねぇ~~~

喰った瞬間が見えるのと、誘い出しできた時の

釣ったという感覚が中毒性高いっす・・・

 

今回の釣行は、これで納竿となりました。

帰りは居眠りしなかったので綺麗な夕日をパシャリ

f:id:TypeB:20170506100117j:plain

 

とにかく、日本海デビュー戦

今までで一番楽しかったです。

数釣れたということもありますが

船長がいい人で、いろいろ教えてくれながら

いろんな釣りをさせてくれました。本当に感謝です。

あと

若狭湾 白石礁のポテンシャルは有名なだけあって

ポテンシャル高いですね~

 

今回釣果は

 メジロ 1本

 ハマチ 1本

 タラ  3本

 バラシ 4~5回

 

あらたな釣法で、いろいろ釣れて

さらに釣りにハマりました(゚∀゚)

 

青物は、刺身

タラは、タラチゲで

美味しくいただきました('◇')ゞ

  

釣果プラグ

今回、船長の教えもありプラグ、ジグ類は

いろいろ交換するのではなく、使い倒して

極めろということもあり、トップで使用した

プラグは1種類のみです。

 

初プラグで初釣果上げたプラグは

OCEA PENCIL 別注平政」でした。

f:id:TypeB:20170506100329j:plain

よく見てみると、傷だらけになってました。

f:id:TypeB:20170506100322j:plain

ダイビングペンシルで、初心者の私でも

ルアーアクションがつけられ

着水後、潜らせた後、リーリングすれば

水面下をウォブリングしながら逃げる小魚を

演出できているように思えます。

他使ってないので比較できないんですけどね・・・(笑)

船長曰く、ウッド高いけど誘い出し率違うらしく

今後買うのはウッドにしないとのことでした。

 

2017/05/05 前半:日本海ジギング&オフショアキャスティング in 若狭・白石礁・浦島礁

久々の釣行記録です。

 

今回は、いろいろと初めてなことばかりでした。

 

其の1:日本海デビュー(若狭湾 白石礁・浦島礁)

其の2:オフショアキャスティング

其の3:水深200mジギング

其の4:シマノ ツインパワーSW8000デビュー戦

 

シーズン的にオフショアキャスティングということもあり

トップで青物狙いに行ってきました。

※内容が多くなったので、前半、後半に分けてます。

 

ちなみに、

キャスティング用に購入したペンシル達です。

f:id:TypeB:20170506100133j:plain

f:id:TypeB:20170506100140j:plain

なんか、ジグとは違う重厚感がたまりませんね~

しかしルアーアクションなんてやったことがないので

心配でいながら今回の釣行となりまし。

 

釣行記録

2017年05月05日(金)長潮

AM6:00 現地舞鶴到着

 天気最高、気温適温、体調(寝不足以外)万全!!

 準備開始です。

 今回、準備したタックルは3セットです。

 

 タックル①(キャスティング用)

  ロッド:シマノ グラップラーS80M

  リール:シマノ ツインパワーSW8000HG

  ライン:PE3.0(300m) リーダ:50lb(ナイロン)

 

 タックル②(スロー用)

  ロッド:シマノ グラップラーB634

  リール:ダイワ キャタリナBJ 200SH-L

  ライン:PE1.5(250m) リーダ:25lb(フロロ)

 

 タックル③(ハイピッチ用)

  ロッド:シマノ グラップラーS603

  リール:tailwalk KUROSHIO 43PG

  ライン:PE2.5(200m) リーダ:40lb(フロロ)

 

 グラップラーシリーズを2本、この半年で買っちゃいました('Д')

シマノ ロッド グラップラー ジギングシリーズ S603

シマノ ロッド グラップラー ジギングシリーズ S603

 
シマノ ロッド グラップラー キャスティングシリーズ S80M
 

 

AM7:30 出船

 今回お世話になった船長さんは、釣りが好きで釣り船を始めたそうで

 親切にいろいろ説明してくれます。(これまた、今までの船とは違う…)

 景色も最高~!(でも、居眠りしてて写真撮り忘れました。)

 出船し、40~50分走ります。

 

AM8:30ごろ ジギング開始

 白石礁は、AM10:00にならないと入れないようでその手前でジギング開始!

 

 タックルは、③の新ロッド+KUROSHIOリールの新コンビです(゚∀゚)

 ジグは200gのジャックアイシリーズのシルバーロングです。

 

 水深90mですが、ジグも重めなのでちゃんとそこ取りできてます。

 ワンピッチでしゃくります。

 シマノグラップラーS603ですが

 私が持っているジギングロッドでちょうど

 柔らかさが真ん中ぐらいでいい感じですね~

 ジグMAX160gですけど、200gしゃくれてますね。 

 ・・・・1時間経過

 船中だれもヒットなし・・・

 とその時、しゃくっていた私の竿に、

 

 グググゥ~~

 

 と、魚の引きを感知!!!

 即あわせをゴン!!といれ、巻き上げます。

 やっちゃいました・・・・ロッドをグググと

 立てた瞬間、フックアウト( ;∀;)

 

 船長からどこが悪かったか見てもらい

 ドラグセッティングが固すぎたために

 身切れしたんじゃないかと。

 その後、ドラグセッティングの仕方を教わりました。

 

 船長やオフショア先生からもチクチクイジられながら

 その後、AM10:00を過ぎ、白石礁にはいりますが

 アタリすらなく、まったく船中釣れず・・・

 船長から、ここでキャスティング基本講座があり

 船の上でのローテーションの仕方や、注意点など

 教わりました。

 

 今回、キャスティング仕様にツインパで

 タックルを組んできたので連れてほしかったのですが

 そう甘くはないですね・・・

f:id:TypeB:20170506100125j:plain

 

 風なし、ベタ凪、潮ユルユル状態らしく船長も困り顔

 

 船長の判断で、美味しいものを釣りに行こうということで

 水深200m超にいる真鱈です。

 

 水深200m・・・明石沖で深いところで60mぐらい・・・

 恐るべし若狭湾沖の浦島礁・・・

 

 タックルは②のベイトです。

 かろうじてPE2号を250m巻いておいてよかった~

  

 釣り方は、

  1.   底まで落とす
  2.   着底後、速攻3m程度底を切る
  3.   その後、ロングジャークを数回入れる
  4.   5秒ステイ
  5.   当たらなければ、再度ロングジャーク
  6.   ステイ
  7.   根掛りしないように、数メートル巻き上げて
  8.   ロングジャーク&ステイの繰り返し

 

 フォール中もしくはステイの時に当たりをとる釣で

 なかなかゲーム性の高い釣りです。

 

 ということで、タラジギング開始しました!

 タラ、そして深海200mの釣りです(゚∀゚)ドキドキ

 あ、ジグは、300g以上ということで

 ロッドのジグ対応重量を1.5倍の重さ・・・

 シマノグラップラーですが、300gをロングジャーク

 何とかできましたね。

 

 最初、これまたアタリなし!!

 船長も、場所を変えてくれて、再トライした結果

 船中でヒット!

 続いて、私にヒット!!!!

  テンションを掛けたまま、

 巻きます。

 巻きます。巻きます。

 ・・・・巻きます。

 ・・・・まだ、巻きます。

 ・・・・はい、まだまだ巻きます。

 青物のように引きはないですが、生命反応を

 感じながら、200mのラインを回収します。。。

 これが、かなりしんどいですね('◇')ゞ

 巻き続けて、やっと魚影が・・・汗(;'∀')

 

ということで、苦労して釣り上げました。

日本海で、初釣果が、真鱈でした(笑)

この後、時合が来たのか、追加で2本釣り上げ計3タラでした。

タラジギングもなかなか面白いです。

f:id:TypeB:20170506144028p:plain

冬であれば、脂ものって、白子も激うまだそうですが

今の時期で青物が味が落ちるのでタラのほうが旨いそうです!

 

ちなみに、タラの写真の背景を見てもらうとわかりますが

5/5は、ベタ凪全開でした(笑)

 

船長から、青物厳しいけど、

白石礁に戻って青物狙ってみるかと提案があり

即決で、行きましょう!とテンション上がります。

 

釣行記録の続きは、後半編を書きます。

1日便でしたが内容が濃すぎて1回では書けませんね。

アシストフックを作ってみよう:準備編①

結局、釣りをしていると

自分で作ってみたくなるんですね。

 

アシストフックを作ってみようと

思い始めました(笑)

 

どんなアシストフックを作るか

オフショア、ショアで使うアシストフックは

いろいろとあり、どれを作るかによって

選ぶ道具も変わってくるようです。

 

私の場合は、

 オフショア

 中型~大型青物

をターゲットに考えたいと思います。

 

で、いろいろ参考になりそうな

情報を探していると以下動画が

イメージに合いました。


アシストフックの製作

 

こちらの方は、大型狙いなので

作り方のベースをまねたいなと思います。

あと、つけるジグはKOBAYAM(ロングジグ)を

イメージしてます。

          ↓これKOBAYAM

f:id:TypeB:20161128213522j:plain

 

道具の準備

ひとまず他情報をいろいろと調べて

いりそうな小道具を購入

 

今回少しこだわったのはニードルとボビンです。

 

f:id:TypeB:20170410220031j:plain

アシストライン:SEA HUNTER(50号 240lb)

熱収縮チューブ

レスリング:Shaut 6(320lb)

ニードル:KOMO ロングニードル

  

正直使ったことがないのでいいのかわかりませんが

調べたところこのボビンが値段も手ごろで

機能的にもよさそうでした。

f:id:TypeB:20170410220002j:plain

 

あと準備が必要なのは

せき糸、フックですが

この2つがかなり悩み中です。

 

もし、自分の中で少しでも

妥協があって、実釣で針がすっぽ抜けたとか

なるとかなり後悔しますしね・・・(笑)

 

急ぐ話ではないので

もうしばし物色を続けてみます。