読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマりました。B型特有のスイッチが入ると止まらない感じで「釣り」楽しんでます!釣りの話題は万人受けせず特定の人としか語れないので、考えていることや言いたいことをとにかくブログに書き込んじゃいます。あしからず(゚∀゚)

鯛カブラを組合わせて作っちゃおう[タイラバ・明石鯛]

 相変わらず

仕事がクソ忙しい・・・

ワークライフバランスって何でしょうかね( ゚Д゚)

 

タイラバデビューしましたが

その後、釣りにも行けず・・・

 

釣具屋に行く暇を見つけてはいろいろと

小道具を購入しちゃいました。

 

鯛カブラを組合わせて作っちゃおう!

ターゲットは、明石の鯛です。

且つ、海苔・オキアミパターンの

鯛カブラを作ります。

 

ってことで購入したのは

 

①ネクタイ

②フック&ニードル

③ヘッド

④スルスルパーツ

 

最近のタイラバは、スカートを

使わない人がいるそうです。

 

①ネクタイ

f:id:TypeB:20170314223345j:plain

瀬戸内(明石付近)で、かなり使えるネクタイだそうで

店員さんのセールストークにかかってしまい購入(笑)

ベイトが海底の海苔やオキアミの時には

絶大な効果を発揮するとか。

ちなみに、1袋500円もします・・・

でも、明石で実績の高いそうです。

ジギングでいうKOBAYAMですかね。

 

②フック&ニードル

この時期の明石鯛は、あまり口を使わないので

アタリも繊細。先日乗った船の船長曰く

可能な限り小さい針がいいとのこと。

 

タイラバの小さいってどれくらいか

よくわかってないけど・・・購入

f:id:TypeB:20170314223343j:plain

 

ジギングのアシストフック(1/0)と比較すると・・・

ちっちゃいですね('Д')

f:id:TypeB:20170314223341j:plain

 

フックのラインをスルスルパーツやヘッドを

くぐらせる器具としてあれば便利です。

(針金などで代用は出来そうですが)

 

 

③ヘッド

ベイトが海苔やオキアミの時は

ヘッドの色はあまり気にしなくてよいそうです。

ベイトが、カニなどになった場合は

大きさ、色は気にした方がいいようです。

ってことで、今回はあまりお金もかからない

「鉛のまま」状態のヘッドを購入

f:id:TypeB:20170314223344j:plain

セブンスライド 無垢オモリ80g 2個入り

セブンスライド 無垢オモリ80g 2個入り

 

 

④スルスルパーツ

これ製品名ですが総称がわかんないので

製品名で記載してます。

ジギングにはないパーツなので

新鮮ですが、スカートとヘッド、フックを

連結させるためのパーツです。

まぁ~ジギングでいうところプレスリングみたいな

役割でしょうか。

f:id:TypeB:20170314223346j:plain

 

 

では、組立ててみましょう

STEP1:④スルスルパーツに①ネクタイを装着

なるべくネクタイがフォールの時に

広がるようなイメージで取り付けてみました。

f:id:TypeB:20170314223347j:plain

 

STEP2:②フックを④スルスルパーツに通す

手では通すのが難しいので、ニードルを使って

通しました。

f:id:TypeB:20170314223348j:plain

 

STEP3:③ヘッドに②フックのラインを通す

f:id:TypeB:20170314223349j:plain

 

ベイトが海苔、オキアミパターンの

鯛カブラ完成です。

 

ベイトのパターンで

いろいろと組合せが変わるようなので

タイラバもかなり奥深い釣りですね('◇')ゞ

 

せっかく組合わせで作れるようになったのに

釣りに行く暇がない・・・

海苔・オキアミパターンの時期が

終わっちゃう~~~( ;∀;)

 

タイラバ。ついに手出しちゃいました。[炎月BBシリーズ]

かなり久々に記事を書きます。

仕事が、クソ忙しくて・・・

体力・気力ともにガス欠でした。

 

釣納めから釣りにいも行けず・・・

 

でも、やはりストレス発散になるのが

釣りですね。

 

んで

手出しちゃいました。

 

そう

タイラバ(鯛ラバ)

です。

 

入門セットですが

一式購入しちゃいました。

 

①タイラバロッド

 ダイワ or シマノで悩みましたが・・・

タイラバ初心者は、基本乗せ調子がいいと

釣具屋店長が教えてくれたので

シマノロッドのほうが使いやすとのことで

炎月BBを購入しました。

 

アジングロッドより穂先がしなやかかもしれませんね。

f:id:TypeB:20170314223337j:plain

シマノ ロッド 炎月 BB B69M-S

シマノ ロッド 炎月 BB B69M-S

 

 

②タイラバリール

ロッドがシマノなので、やはり同一メーカで

同シリーズが一番なじむに違いないので

迷わず、炎月買いました。

NEW炎月BB(えんげつBB)|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

f:id:TypeB:20170314223339j:plain

 スペックとしてもタイラバ向けに作られており

 ギア比 : 5.5 パワーギア

 ドラグ : 5.5kg

 巻上長 : 59cm

 

タイラバでは、一定速度で巻くことが重要らしく

このサイズ(自重180g)で、巻上長59cmとなるリールは

なかなかありませんでした。(しかも値段もお手頃!)

 

f:id:TypeB:20170314223340j:plain

遅巻き、早巻きした時に一定速度で巻きやすいです。

あと、標準でロングクランクハンド51mmとなっているので

ゆったりと巻けます。

シマノ リール 16 炎月BB 100PG 右
 

 

③タイカブラいろいろ 

これがやばい・・・

 男の子心をくすぐるアイテムの豊富さ・・・

 

ちょこちょこ買ってると

まず、完成品を購入~

ヘッド+ネクタイ+スカート+アシストフック

f:id:TypeB:20170314223342j:plain

 

 あれこれ調べて釣具屋で話を聞いていると

バラ売りで組み立てる方がいいかもとおもいだし・・・

ちょこちょこ購入していると~

こんな感じに。

f:id:TypeB:20170314223350j:plain

 

子供のころのミニ四駆を思い出さる。。。

 

タイラバは奥が深く

購入したパーツについてはまた記事書きます。

 

勢いで、すでにデビューしてきました。

何とか仕事を調整しデビューしてきました。

もちろん狙うは

明石鯛」 

 

当日は昼便で、釣れる気満々で

出航しました。

f:id:TypeB:20170314223336j:plain

 

で、結果ですが

ご想像の通りボウズでした!(;'∀')

 

タックルは、入門タックルですが

さすがシマノですね。

凄く軽くて使いやすい。

半日巻き続けましたが、まったく疲れず。

 

釣れてないので何ともいませんが

ロッドのおかげで、アタリらしきものは数回とれました。

 

タイラバは、ジギングとは全く違う

釣法でこれまた、難しいですねぇ~

底とって、5m程度巻き上げて、

また底とって、巻き上げての

繰り返しなので、ジギングと違い

誘いとかがなく、どう工夫すれば

釣れるのかがまだわかってないです。

 

丘上がり後、船長と話すと

2月、3月は一番厳しい時期らしく

デビューするなら6月頃がいいそうです( ゚Д゚)

 

ただ、2月、3月の鯛が

一番旨いそうです( ゚Д゚)

 

うぅ~~~釣りたい!!!

またリベンジします。

 

が、ジギングも行きたいなぁ~

オカッパリから、ショアジギ、エギングも

行きたいなぁ~~~

 

 --★過去記事-------------------------------------

 

オフショアジギングリールを考え中[ツインパSW / キャタリナ / ソルティガ / ステラ]

昨年釣納めで味わった

強烈なブリの引きが忘れられず

早くジギングに行きたい毎日です。

 

釣納めでは、ブリ1本あげるのに

一苦労しました。。。

私がへっぴり腰でクタクタになりながら

ブリを上げたのですが、隣の釣り人は

腰も砕けず軽々と私と同じ大きさの

ブリを釣りあげてました。

 

違いは何だろうか・・・と

考えると・・・

①肉体的な筋力差?

 う~~ん、多少はあるだろうが

 ここは日々筋トレするしかない!

 (するかな?)

 

②タックルの差 ?

 釣りあげたときの私のタックルは

  ロッド:tailwalk SALTYSHAPE DASH JIGGING S633

  リール:tailwalk KUROSHIO 43PG

 でした。

 隣の釣り人は、リールが最高峰リールのソルティガでした。

 行きつけの釣具屋店長と会話していると

 やっぱり、ソルティガ、ステラクラスになると

 同じ200gのジグをシャクっていても、200gも

 あるように感じられないくらいリールの巻きが

 スムーズらしい。。。

 試しに巻かせてもらったが、負荷がかかっていない

 状態なのでそこまで差が感じられない。

 

が、年末ブリに苦戦したことを考えると

もうランク上の本命オフショアタックルが

欲しくなるな・・・|д゚)

というか、本当にリールで釣りやすさが

どれくらい変わるのか確かめてみたい。。。

 

tailwalk KUROSHIO 43PGのスペックから

考えると、KUROSHIOを上回る

スペックとなるのは

 

シマノ

 ・ステラSW

 ・ツインパワーSW

 

ダイワ

 ・ソルティガ

 ・キャタリナ

 

といった、高級リールに絞られる。

なにげにKUROSHIOは高スペックで

値段もお手頃なんです。

 

[KUROSHIO43PG]

KUROSHIO 43PG クロシオ43PG tailwalk.jp

 ギア比:4.6

 重量:620g

 DRAG(MAX):15kg

 最大巻上長:93cm

 PE糸巻(4号):350m

 ベアリング数:7/1

テイルウォーク(tailwalk) リール クロシオ 43PG 19051

テイルウォーク(tailwalk) リール クロシオ 43PG 19051

 

 

シマノ ステラSW、ダイワ ソルティガを

買ってしまうと最終形態に突入するので

シマノ ツインパSW、ダイワ キャタリナで

考えたいな。価格帯でも2~3万違うし・・・

 

シマノ ツインパSWだと

やっぱ、8000番台HGかな。

 

[ツインパワーSW 8000HG]

ツインパワーSW[TWIN POWER SW]|スピニングリール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 ギア比:5.6

 重量:635g

 DRAG(MAX):28kg

 最大巻上長:107cm

 PE糸巻(4号):300m

 ベアリング数:10/1

シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000HG

シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000HG

 

 ドラグ性能、巻上長、ベアリング数が

 KUROSHIOに比べいい感じです。

 

ダイワ キャタリナなら

5000番台かなぁ~

[キャタリナ 5000]

DAIWA : キャタリナ - Web site

 ギア比:4.9

 重量:605g

 DRAG(MAX):15kg

 最大巻上長:104cm

 PE糸巻(4号):400m

 ベアリング数:8/1

ダイワ(Daiwa) リール 16 キャタリナ 5000

ダイワ(Daiwa) リール 16 キャタリナ 5000

 

 ドラグ性能以外、KUROSHIOより

 よさげな性能ですね。

 

スペック毎に考えてみる。

 

ギア比

 低いほうが巻きが軽いので

 HGよりPGのほうが疲れにくい。

 ってことは、KUROSHIOが

 一番軽いことになるな。

 

重量

 もちろん軽いほうが疲れにくいが

 どれも600g台なので

 気にしないでおこう。

 

ドラグ性能

 ドラグの最大値が高いほうが

 ドラグセッティングの幅が出るので

 大物がかかった場合有利にはなる。

 値は高いほうがいいが

 ドラグ機能が重要と考えると

 シマノ、ダイワどちらも機能は

 素晴らしい。

 

巻上長・糸巻量

 KUROSHIOはPGで93cmにくらべ

 ダイワはPGで104cmなので

 この差は大きい・・・

 シマノはHGで107cmかぁ~

 どちらもKUROSHIOに比べて

 10cm以上巻けるのかぁ~

 糸巻き量は、3号300m巻ければ

 私が行く釣り場では今のところ

 問題ないので気にしないでおこう。

 最悪は、スプールを変えれば

 対応可能だし。

 

ベアリング

 ベアリング数は、数値的には

 シマノが一番凄い。

 個人的なイメージだが

 ベアリング数が多いほど、高いリールに

 なっているような気がする。

 このあたりが、店長が言う巻きやすさに

 関係しているような気がする。

 

こんな感じで考えると

シマノ

ツインパワーSW 8000HG

が次の候補かもしれないなぁ~

年始セールがほぼ終わったし、次の

セールを待ってみようかなぁ~

 

というか、金銭感覚がかなり

麻痺してきてます・・・(゚Д゚;)

シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000PG

シマノ リール 15 ツインパワーSW 8000PG

 

 

 

---★過去記事------------------------------------------- 

 

 

 

2016/12/29 釣納め:ブリ狙いに行ってきました。 in 紀北 [オフショアジギング]

記事投稿が年明けになっちゃいましたが・・・

 

釣納め且つ、なんとしても

年内にブリ釣りたく

2016年最後の釣りに行ってきました。

 

オフショアジギング5回目です。

 

釣行記録

2016年12月29日(木)大潮

AM06:30 泉佐野到着

 今回は、初の紀北オフショアジギングです。

 集合場所は、泉佐野食品コンビナートです。

 冷え込みますが、気合は120%です!

 今回もオフショア先生と一緒です。

 

f:id:TypeB:20170109213246j:plain

 

AM07:00 出船

 紀北に向けて出船!

 30~40分船で走ります。

 途中呑ませ釣りの方向けの

 アジ釣をします。

 

 紀北の友ヶ島水道付近が

 ポイントのようで、近づくと

 明石以上の船が集まってます。

 

AM08:00ごろ ポイント到着

 今年最後のジギング開始!

 タックルはいつもの2セットです。

 

 タックル①(スローピッチ用)

  ロッド:シマノ グラップラーB634

  リール:ダイワ キャタリナBJ 200SH-L

  ライン:PE1.5 リーダ:25lb(フロロ)

 

 タックル②(ハイピッチ用)

  ロッド:tailwalk SALTYSHAPE DASH JIGGING S633

  リール:tailwalk KUROSHIO 43PG

  ライン:PE2.5 リーダ:30lb(フロロ)

 

 紀北もタチパターンとのことで

 KOBAYAMUはじめシルバーロングで

 しゃくります。しゃくります。

 しゃくります。ひたすらしゃくります。

 

 1時間ほどしましたがあたりなし。

 船全体におも~~い空気が・・・

 

 ポイントを変えてしゃくります

 しゃくります。。。

 

 疲れてきたのでシルバーロングから

 ブリ向けのショートジグ(ブルピン)

 に交換し、スピニングタックルで

 しゃくろうとジグを放り込み

 ボトム着底から、2~3回しゃっくった

 その時!!!

 

ガッツン!!

 

  船中ファーストヒットが私です!

 「よっしゃ!キタ!!」と声を上げ

 竿立て過ぎず合わせを入れ

 リールを巻きます。

 

 リールがある程度巻けるので

 これは、サワラか!?と思いきや

ググググッ!!

 と根に向けて走ります!

 これまで味わったことない強烈なヒキです。

 

 船長が、「これはブリや!」と声がかかります。

 緊張しながらも、アドレナリン150%です!

 なるべくポンピングはしないように

 リールを巻こうとするのですが

 なかなか巻けません。

 リールを巻く左手に力が入らなくなってきます。

 続いて、ロッドを持つ右手が痺れてきます。

 

 ブリって、こんな力強いのかぁ~~~と

 味わいながらも心が折れそうです(笑)

 

 無我夢中に格闘していると

 オフショア先生が、「リーダは入った!」と

 声かけてくれ、船長がタモを水面に近づけます。

 

 ようやく魚体が水面に見えてきました。

 「デカい!」間違いなくブリです!

 

 何分格闘したのかもわからないまま

 ようやくネットイン!!!

 

 やりました!!

 釣納めにして、初ブリを

 釣りあげました!!!

 

 もう、両腕ガクガクで、力が入らない

 状態で船長が記念撮影をしてくれました(笑)

 初ブリ 90cm 7kgでした。

f:id:TypeB:20170109213610j:plain

 

 その後、船中で2本ブリが追加、大ヒラメ1枚

 で納竿となりました。

 

 釣納めで、初ブリ1本上げれて

 大満足です。

 

クーラーボックスには収まりきらず・・・

大型クーラーボックス買わないと駄目ですね。

 

まな板は当然役に立たず、ビニール袋敷いて

紙を敷いて、何とか捌けました(笑)

f:id:TypeB:20170109213611j:plain

 

捌くのは大変でしたが

これまでの人生で味わったことのない

強烈な引きは、たまりませんね~

これは、ますますのめりこみそうです(笑) 

 

2016年オフショア成績

 3勝2敗 勝越しで釣納めです!

 

釣果ジグ

今回、初ブリを釣り上げたジグは

シルバーロングではなく、

依然購入していた、Jackeyeシリーズ

ブルピンでした!

f:id:TypeB:20161007212633j:plain

 

タチパターンと言われていたなか

ショートジグで、かつブルピンで

釣れたことが驚きでした。

ブリの習性として、大きな目の部分目掛けて

喰らいに来るようです。

 

釣り上げたタックルはハイピッチ用タックル

 タックル②(ハイピッチ用)

  ロッド:tailwalk SALTYSHAPE DASH JIGGING S633

  リール:tailwalk KUROSHIO 43PG

  ライン:PE2.5 リーダ:30lb(フロロ)

 

残念ながら、スローピッチ用ではアタリも

取れなかったですね。。。

 

---★2016年オフショア関連---------------------------

 

2016/12/03 ブリ狙いに行ってきました。in 瀬戸内 淡路沖[オフショアジギング]

年末年始何かと忙しく

記事をリリースするのが遅くなりましたが。

オフショアデビューから

4回目の釣行に行ってきました。

 

(すでに5回目も行ってるんですが・・・

釣行記録かね4回目も記事にします。)

 

釣行記録

2016年12月03日(土)中潮

AM05:30 明石到着

 12月にしては、冷え込みがましな朝です。

 

AM06:00 出船

 外海に出るとやはり風が冷たい('Д')

 日が昇るのもだいぶ遅くなりましたね。

f:id:TypeB:20161204162921j:plain

 

タックルは前回と同様

 

タックル①(スローピッチ用)

  ロッド:シマノ グラップラーB634

  リール:ダイワ キャタリナBJ 200SH-L

  ライン:PE1.5 リーダ:25lb(フロロ)

 

タックル②(ハイピッチ用)

  ロッド:tailwalk SALTYSHAPE DASH JIGGING S633

  リール:tailwalk KUROSHIO 43PG

  ライン:PE2.5 リーダ:30lb(フロロ)

 

今回使用するメインジグは・・・

先日購入したKOBAYAMです。

 

出船より15分程度、淡路沖で停船

早速しゃくります。しゃくります。

ひたすらしゃくります。

 

あたりなし・・・

ポイントを移動しながら

しゃくります。しゃくります。

ひたすらしゃくります。

 

とっ!ゴンゴン!!当たりました!!

合わせをグィイ!といれます!

 

・・・抜けました。。。

 

と、このような感じで・・・

結局私はボウズでした。。。

 

KOBAYAMUで釣れる予感がしてましたが

そんなに世の中甘くはないですねぇ~

さらに、KOBAYAMUさんは、

サワラカッターにより殉職しました。

 

オフショア先生は、ハマチ1本あげられました。

 

渋い結果でした・・・残念。 

 

オフショア成績

 2勝2敗となりました。

 (敗・・・ボウズ)

 

-★過去記事--------------------------------------------------------