釣活始めました。

アラフォーにして釣りにハマりました。B型特有のスイッチが入ると止まらない感じで「釣り」楽しんでます!釣りの話題は万人受けせず特定の人としか語れないので、考えていることや言いたいことをとにかくブログに書き込んじゃいます。あしからず(゚∀゚)

鯛を釣るために準備しました。[タイラバ イカタコベイビー / イイタコカーリー / タイガーバクバク]

すでに、釣果記事をUPしているので

結果論かもしれませんが・・・

2017年8月13日に鯛狙いに行く為に

釣具屋・ネットでいろいろと調べ準備しました。

準備その①:ラインを細くする。

 いろんなサイト、動画などを見てみると

 タイラバのPEラインは

 PE:0.6~1.0の幅になってます。

 ジギングでも同じですが、細いラインほど

 潮の影響を受けにくいので、PE0.6に

 しようと考えました。

 

 私が持っているリールは、

 シマノ 炎月BB 101PGで

 糸巻き量は、PE1.0 200mです。

f:id:TypeB:20170314223339j:plain

シマノ リール 17 炎月BB 101HG 左

 

 日本海、瀬戸内海どちらでも

 利用できるように考え、PE0.6 300mを

 巻きました。(イカメタルでも使えるように)

 

 炎月BBで、300mは厳しいかと思いましたが

 何とか巻取りできました。

準備その②:ネクタイを考える。

 最近のタイラバではスカートよりも

 ネクタイが重要のようです。

 スカートはなくてもいいという情報も

 ありますね(゚Д゚;)

 いろいろと見ましたが私の直感で

 シマノTVでやっていた、イイダコベイビーが

 ヒットしました(*'▽')


炎月集魚ネクタイセッティング法 ~鯛ラバ名手の裏技!~

 動画の中でも紹介されてますが

 食い渋りの状態で、イイダコベイビーを

 投入するとヒットすることもあるようで

 その点が、使ってみようと思いました。

 あと、動画で紹介されていた

 「イカタコカーリー」も準備しました。

f:id:TypeB:20170814112910j:plain

準備その③:ネクタイ、針の組合せ

 スカートは、あり、なしはあまり気にしない

 のですが、ネクタイでイイダコベイビーを

 使うことを想定し、シマノ製品でそろえたほうが

 しっくりと組合せしやすいかと思い、かつ

 タイラバ行くのに息子も行くので、セット製品を

 まずは、購入しました。

 釣具屋でよく見る

 「タイガーバグバク」です。

 シマノさん・・・昔からこんな感じのネーミングセンスでしたっけ・・・?

f:id:TypeB:20170814113015j:plain

シマノ メタルジグ 炎月 タイガーバクバク 60g EJ-406Q フラッシュオレンジ 01J

 タイガーバクバクでは、もちろん

 結合パーツには、スルスルパーツが

 使われているので、初心者の私にも

 扱いやすいです。

 

 針は、イイダコベイビー、イカタコカーリーを

 使うことを考えると、普通のスカートよりも

 ゴタゴタとするので2本針ではなく、3本針で

 フッキングしやすくした方がいいかと考え

 シャウトさんの3本張りを準備

シャウト! 336TH トリプルスライドスペアーフック M

シャウト! 336TH トリプルスライドスペアーフック M

 

 

 今回、組合せの結果

(左)イイダコベイビーイカタコカーリー3本針

(右)タコベイトActive シリコンネクタイ 3本針

f:id:TypeB:20170814112900j:plain

 

釣果の結果は別記事にもありますが

左のイイダコベイビー+イカタコカーリー

明石鯛を見事、釣りあげることが

できました!(*'▽')

 

ちなみに、右の組合せは

タコベイトがお安く売られているもので

先端を切り落とし、スルスルパーツ+

アクティブシリコンネクタイを組合せた

ものとなっています。

 

アクティブ(ACTIVE) シリコンネクタイ カーリー レッド
 

 

ヘッドは、当日の潮の状況に応じて

重さを見極めるしかないので

45g~120gを準備しました。

釣り当日は、80~100gで何とか

底取りができました。

やっぱ明石は潮早いですね(^_^;)

 

タイラバは、まだ2回しか実釣できて

いないため、本当にこの組合せが

いいのかはわかりませんが

8/13の釣果としては船中4枚の真鯛で、

その1枚がイイダコベイビー仕様で釣りました。